根菜の日常と非日常

根菜(特に大根)好きな管理人が、田舎に移住して出会う日常と非日常を綴る

今年の始まりはシーバスさんから

どもども、スケ半です。

 

ようやく暖かくなったと思ったら、凄まじい嵐です。

これは、台風をも超越する『ナニカ』です。

 

せっかく晴れても風が強く、釣りになりません。

 

しかし、とうとう今年に入ってからようやくまともな一枚が揚がりました。

 

そのお話をしていこう。

 

 

 氷河期を終え、微かに感じ始めた活性の上昇

釣りのシーズンがやってきた

1・2月の惨劇

今は3月。

ひな祭りも終わって、いよいよ春というこの時期。

 

そう、ここまでほとんどなにも釣れていなかった。

 

 

皆さんは、どんな釣りがしんどいと思いますか?

 

 

雪の中の渓流釣り?

 

荒波の船釣り?

 

潮を被りがらの磯釣り?

 

ひたすらルアーを投げるショアジギ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

違いますよ。

 

そんなもの、全てヌルイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当の辛い釣りとは・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一切全然皆無絶無

全く一ミクロもオールナッシングゼロ

 

 

 

ノーバイト・ノーフィッシュの釣りである

 

 

 

 

 

冬の海とは、一言で表すなら

 

 

 

そのものである。

 

本当にびっくりするぐらい生体反応がない。

 

ちなみに、スキューバダイビングで一番いいのは冬です。

透明度が抜群です。

 

それは、プランクトン類が水温が低く少ないからです。

 

よってその捕食者の小魚もいません。よってその捕食者の大型魚もいません。

 

 

釣り人にとって、冬の海は本当に厳しいものなのです。

 

腕がどうこうではなく、そもそも魚がいない。

 

もちろん、場所によって話は変わりますし、狙う魚にもよります。

そして、やっぱり腕がいい人は何かしら釣っています。

 

つまり、スケ半に腕がないという単純なことです。

 

 

 

 

『ぬるま湯に浸かっていては、風邪をひく』

 

この精神でこの冬は極寒の中、竿をひたすら振る修行の日々を送っていました。

 

修行から得たもの

時間を見つけては、真冬の海に向かって竿を振る。

 

1000Hのショアジギ竿で60~80gのメタルジグをひたすら投げる。

 

 

びっくりするぐらいのただの修行。

 

その甲斐あってか、少しできることが増えた。

 

 

①ルアーの交換が早くなった

慣れている人にとってはなんてことないのだろうけれども、初心者にとってルアーの付け替えは少々面倒。

特にスナップを使っていた人間としては、スプリットリングの扱い辛さが際立つ。

寒さと風でかじかむ手にあの細かい作業。

 

正しく修行。

 

おかげで、少しだけコツを掴んで少しだけスムーズになった。それでも、やっぱり超強度のスナップが販売されることを切に願う。

 

 

②ノットの強度が上がった

最初のうちは、ルアーだけ吹っ飛ぶことはなくとも、根掛かりしたときにノット部から抜けることが多かったが、最近はノットを維持したままルアーだけ置いて行かれるか針が伸びるまでになった。ルアーが返ってこなければただの損失だが・・・。

 

 

③ルアーの飛距離が上がった

キャストがだいぶ安定してきた。これは何気にうれしい。その代わり、久しぶりにブッコミをやろうとしたらうまく投げられなくなっていたが、今は気にしない。

 

 

④さまざまなルアーの種類の特性がなんとなくわかった。

これもけっこう嬉しかった。

というのも、ネットや動画でいくら見てもイメージって湧きにくく、さらに言うと、実際に投げてみても、その時のコンディションで大きく動きが変わるから結局経験なんだな、と結論に達する。この経験を積むことができたおかげで、なんとかなく動かし方は分かった。

 

 

⑤通ったことで地形と釣果情報を入手できた

根掛かりで多くの殉職者を出したが、かなり根掛かりを回避できるようになった。なんとなくのシモリが把握できたし、なにより根掛かった後の対処が上手くなった。

さらに、釣り人あるあるの『頑張ってる人に声を掛けたい』が発動されてか、やたら声を掛けてもらう機会が増え、さまざまな釣果情報を得ることができた。

 

 

ということで、私の戦闘力はヤムチャ並みに進化したのである。

 

3月に入ってにわかに騒めきだす海原

3月に入ってから、明らかに海の気配が変わりました。

 

その日も、夜の2時過ぎに車を走らせポイントに着き仮眠。4時前から竿を振っていましたが、夜明けがかなり早くなった。

 

そして、海鳥が増えた。

 

さらに、海鳥が海へ突っ込むようになった。

 

 

ベイトが・・・

 

とうとうベイトが・・・・・

 

 

しかし、釣り切るには至らず。

 

心が折れかかったときは、モチベーションを保つために

60Lに2000番のタックルでアラカブをお土産にしました。

https://www.instagram.com/p/BfNrQ2zBBIP/

たまらんね、こりゃ#cat #animal #fishing #fish #猫 #ネコ #ねこ #魚 #釣り #アラカブ #ガシラ #カサゴ

 

冬でも根魚やメバルは遊んでくれるので大好きです。

 

突然やってくる、今年初めての大きなアタリ

3月2日、それは突然やってきました。

 

その日は、女王様の歯医者の日で僕は運転手。

1時間ほど暇になるのでタックルを持っていき、時間を潰します。

 

廃車からすぐの堤防からキャスト。

時間は18時ごろで潮は上げ3分ほど。

 

ちょうど夕マズメの潮変わりでした。

 

ここは実績のあるポイントで、以前にヒラメを揚げている相性の良いポイント。

https://www.instagram.com/p/BbA7j-yBBoW/

42cmやっと釣れた…#ヒラメ #釣り #fishing #堤防 #平目

 

 

 

 

仕掛けを整えて投入。

数投目で違和感を感じました。

 

 

 

 

なんか重い。

 

しかし引かない。

 

ただただ重い。

 

分かる、これはあれだ。

 

 

海藻orごみ

 

しかし、その一方でもしかすると・・・と期待する。

 

揚がったのは、コウイカでした。

写真を撮り忘れたので、以前のものを。

f:id:daicontabetai:20171213132706j:plain

 

イカは女王様の好物なのでキープ。

速攻で締めます。

 

 

それにしても、エギを投げたわけではないのに、ルアーで食ってくるか。

そして、よく揚がったな。

 

と一人でブツブツ言っていると、突然の重み。

 

 

と同時に、ガンガンくる引き!

 

 

 

キタァァァ!!!!!!

 

 

なんこれ!!!!

 

 

いや、これ!!

 

 

あいつやろ!!!!

 

 

と同時に、水面を跳ね回る銀色の魚体。

 

 

バラさないように慎重にやり取りをして、タモを持ってきていなかったためサーフへ不時着させる。

 

 

うん、綺麗っで良い型だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シーバスが釣れました。

f:id:daicontabetai:20180306143813j:plain

 

56cm 1.6kgのシーバス(マルスズキ フッコ ハネ)です。

 

釣れたときのことを振り返る

 

まず、時間帯が良かった。

 

夕マズメのど真ん中。

ちょうど薄暗くなってきて常夜灯がつき始めた瞬間でした。

 

使ったルアーは、サンティス40のピンクグローでした。

アムズデザイン(ima) メタルジグ ルアー サンティス 33g ピンクグローキャンディー #ST33-009

アムズデザイン(ima) メタルジグ ルアー サンティス 33g ピンクグローキャンディー #ST33-009

 

 これは33です。

 

特別チューンはしていなくて、ノーマルのまま使いました。

なぜ33gではなく40gかと言えば、修行をしていた場所が死ぬほど流れが速いところだったからです。

なので、今回はむしろ重すぎて微妙でした。堤防で使うなら33gがいいと思います。

 

 

そして、釣れた距離は足元近く。

『シーバスは堤防に沿って泳ぐ習性がある』というのは、間違いではないと思います。堤防や漁港で釣るシーバスはかなりの確率で足元+αです。

 

ちなみに、ヒラスズキは全く違いました。

ヒラの場合は、流れにミノーを乗せてしばらくベールオープンで流して、ある程度でゆっくり引いてかかりました。

あれは、時間帯朝マズメでした。まだ暗いうちです。

 

今回釣りあげたタックル。

シーバスも真っ青のガチガチ装備。

 

1000HのコルトスナイパーBBに

スフェロス6000HGで

PE3号300mとリーダー16号。

 

 

どうだ、このあほみたいなバランスは。

 

激流の荒磯で青物を本気で狙っていたタックルをそのまま平和な内海の堤防で使ってやったぜ。

 

秒速でほぼ抵抗を感じることなくごり寄せたぜ。

 

面白味は皆無だぜ。

 

 

それでも、久しぶりの感触はそれはそれは嬉しかった。

 

シーバスはムニエルに限る

シーバスの身は淡白で柔らかく、美味しい。

堤防で釣れたシーバスも、今まで外れを引いたことがない。

どれも臭みがなくて上品だ。

 

しかし、身自体にそこまで味があるわけではないので、女王様はいつも親の仇の様にフライパンへシーバスを押し付けてムニエルを作る。

 

 

これがべらぼうに美味い。

 

カリカリの中にホクホクの白身。

バターの芳醇な香りとコク。

 

美味いから食べてみてください。

 

 

おわりに

年末から追い求めている青物とマダイ。

未だその姿は見えず。

 

しかし、これからの季節。

マダイはノッコミが始まり、青物も回遊が接岸する。

 

そろそろ本命を釣り上げたいでござる。

 

 

 

 

シマノ リール 14 スフェロス SW 6000HG

シマノ リール 14 スフェロス SW 6000HG

 

 

 

クレハ(KUREHA) ライン シーガー PE X8 300m 3.0号.

クレハ(KUREHA) ライン シーガー PE X8 300m 3.0号.